記事一覧

モリッツ・グロスマン ユニバーサルツァイト まったく新しいタイプのワールドタイム

140年の時を経て誕生した時計。

我々が知っていること

きっと多くの人が最初に思い浮かべる名前ではないだろうが、私はモリッツ・グロスマンが現在活躍する最も独創的な時計メーカーのひとつだと純粋に考えている。スーパーコピー時計前回、2019年にこのドイツブランドをBibicopyで紹介したとき、ジャック・フォースターは、「ハマティック」の背後にある技術的なメリットを強調し解説した。モリッツ・グロスマンが新しい時代のためにハンマー巻上げシステムを刷新した自動巻きムーブメントだ。そのときの彼の解説は非常に説得力があった。

新たに発表された「ユニバーサルツァイト」は、先に発売されたモリッツ・グロスマンのGMTウォッチをベースに、ワールドタイムに対応させたものだ。ユニバーサルツァイトは、6つのタイムゾーンの時刻をデジタル表示する新しいモジュール式ムーブメントを搭載し、地球儀を模した文字盤上の6つの小窓から、中央の時針と分針でローカルタイムを表示する。つまり、ユニバーサルツァイト(ドイツ語でユニバーサル + タイム)は、文字盤上で合計7つのタイムゾーンを同時に表示することができるのだ。

現地時間に加え、フェニックス、リオデジャネイロ、ケープタウン、ドバイ、シンガポール、東京の6都市を表示し、4大陸を表現するように分散されている。これらの都市はいずれもサマータイムを採用していないため、年間を通じて各都市の時刻が同期され、正確な時刻が表示される。もちろん、中央の時針は現地時間を表している。旅行中に時刻を変更する必要がある場合は、10時位置にあるプッシャーで中央の時針を1時間単位で前後に素早く調整することが可能だ(その仕組みは、モリッツ・グロスマンが公開したビデオでご確認を)。

文字盤は、地球を表現した魅力的なものだ(ただ、自分がちょっと冷たいことは認める)。亜鉛メッキブルーにサンバースト仕上げが施されたダイヤルで全世界の海を表現し、大陸はマットなサーモントーンで表現されている。(オーストラリアは、残念ながらほとんど写っていない)。緯度・経度は、世界を横断する細い白線で表現。デジタル表示の窓は面取りされているが、立体的なフレームがないため、文字盤上が煩雑にならず、また数字は黒と白で視認性を高めている。

ユニバーサルツァイトの内部には、4分の3プレートなどドイツの伝統的な装飾様式と、手彫りのテンプ受けやラチェットホイールにスネイルなどの装飾が施された自社製の大型手巻きCal.100.7が搭載されている。同社のCal.100をベースに、24歯のラチェットホイールとスプリングで各時間をデジタル表示するディスクに接続し、6つのタイムゾーンを組み込んだモジュールを追加している。1時間が経過すると、ラチェットホイールがディスクを瞬時に押し、7つの開口部から見えるデジタル表示の時刻が一度に変わる。

本機は、まず44.5mm×13.78mmの大型ステンレススティールケースを採用し、価格は4万2000ユーロだ(日本円で約543万円)。モリッツ・グロスマンがステンレススティール製のファーストエディションを発表したことは評価に値するが、今後、貴金属製のモデルがどのような形で発表されるのか楽しみだ(手打ちの質感を文字盤の全体に施したハイエンドのトレンブラージュ加工を大陸部分に採用してもいいかもしれない)。


【関連記事】:http://www.sakukyodo.jp/cgi-bin/info/diary.cgi

コメント一覧