記事一覧

びっくりな水準、スピードマスター311.32.42.30.04.003

スピードマスター スヌーピーアワード 311.32.42.30.04.003

オメガといえば、限定モデルが評価される傾向にありますが、そんな限定モデルの中でも「ものすごい価格帯」となっているのが、このスヌーピーアワード311.32.42.30.04.003であります。

スヌーピーといえば、3570.50のスヌーピー版ともいえる3578.51が思い浮かびますが、この311.32.42.30.04.003については、それとは比べ物にならないぐらい高値という状態であるのです。

では、現在、この311.32.42.30.04.003がどういった状態になっているのかというと、なんと550万円。もはや、ロレックスもびっくりな水準となっているのです。

2021新作 オメガ コピー スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスタークロノメーター 310.30.42.50.01.002

詳細情報
カテゴリ:オメガ スピードマスター(新品)
型番:310.30.42.50.01.002
機械:手巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
カラー:ブラック
外装特徴:シースルーバック
タキメーターベゼル
ケースサイズ:42.0mm
機能:クロノグラフ、耐磁
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

6度に渡る月面着陸プロジェクトの全てに提携された、伝説のクロノグラフ「スピードマスター プロフェッショナル」。
陽極酸化処理が施されたアルミニウム製ベゼルリングには、実際に月面で着用された4thモデルのリングデザインに倣い、「ドットオーバー90」のデザインが採用されています。
こちらの【310.30.42.50.01.002】は、表側にサファイアクリスタル、裏蓋にもサファイアクリスタルガラスのシースルーバックを採用。
ムーブメントには、METAS認定のマスタークロノメーターのキャリバー3861を搭載。

311.32.42.30.04.003は、2015年に1970本限定で販売されたモデル。定価は83万円程度だったようですが、その頃から“入手困難”となっていたかは不明であります。

2015年時点の相場は不明だったものの、2017年の中古相場は170万円台に到達。SSオメガとしては異例な価格だといえます。

そして、その後も311.32.42.30.04.003は上昇し、2018年には200万円以上、2020年には300万円超えとなっていました。

ですから、この311.32.42.30.04.003は、これまで派手な上昇傾向をしていたわけで、今回の550万円という水準は、その延長線上にあるといえるわけです。

なお、今回の個体は未使用品ですが、他の中古個体はこれよりも価格が上。311.32.42.30.04.003全体のボトム価格が、たまたま現在未使用品というわけで、これを相場として差し支えないといえます。

近頃、限定モデルを中心に、派手な変動があることを認知されているオメガでありますが、この311.32.42.30.04.003のように、ロレックスやパテックフィリップもびっくりなほどの値動きをするモデルもある、ということに驚きます。


【関連記事】:https://takehanakogyo.co.jp/wp/wp-includes/diary/diary.cgi

コメント一覧

ディオール 偽物 URL 2022年03月24日(木)17時13分 編集・削除

ディオールベルト偽物ディオールベルトコピー長く愛用できそうな,ディオールコピー,スーパーコピー優良店