記事一覧

ロレックス最近よく聞く“メテオライト”文字盤って何?

文字盤に使われているメテオライトとは小惑星が何百万年も前に爆発して地球に飛来した隕石である。いわゆる天然の地球外物質だ。主に鉄とニッケルでできており、数百年ごとに摂氏数度ずつ冷やされて形成、次第にニッケルが結晶化して分離し、内部にウィドマンシュテッテン構造と呼ばれる特殊な模様が作られる。

このウィドマンシュテッテン構造が作り出す美しい網目模様は、地球では再現することができない。この希少性と神秘性からメテオライトは注目された。

そのためこれまでは、メテオライトを文字盤に採用したものは数百万円ほどと高額な場合が多かったが、近年では10万円台〜で入手ができるようになった。

2022新品 ロレックス GMTマスターII スーパーコピー 赤青ベゼル メテオライト 126719BLRO

型番: 126719BLRO
モデル: GMTマスターII メテオライト
外装: ホワイトゴールド
ガラス材質: サファイアクリスタル
ケースサイズ: 40mm
ムーブメント: Cal.3285
駆動方式: 自動巻き
パワーリザーブ: 約70時間
機能
防水: 100m
耐磁: あり
宇宙史とロレックスの神秘の融合。GMTマスター初となるメテオライト素材を採用
もう一つ、同型番126719BLROに、新デザインの文字盤の話は今回のバーゼルワールド2019に欠かせません。デイトナやデイデイトで、セレブリティ的な立ち位置だったメテオライトダイアルです。GMTマスターIIに搭載させるのは初めてとなります。 メテオライトとは、隕石の一部から採取されたレア素材です。デイトナ(およびデイデイト)でもゴールドモデルに使用されたハイエンドラインの位置づけですが、高価格にもかかわらず大変な需要で、入荷すると即完売するような人気素材。そんなメテオライトが搭載されたGMTマスターII、酷評もあるようですが、実機を見る限り「人気出るだろうな」と思いました。ジュビリーブレスレットではなくあえて3列を採用してきたことでスポーティーさがフィーチャーされ、「イロモノ」ではなくGMTマスターIIの中の1モデルに上手に収まります。 ちなみにメテオライトであっても、6時位置のロゴには王冠マークが入っていました。


【関連記事】:hacopyスーパーコピー 大丈夫?

コメント一覧

bibicopy 大丈夫 URL 2022年04月21日(木)18時55分 編集・削除

スーパーコピー買ってみた必ず届くブランドコピーサイトランキング優良サイト!