記事一覧

116520水準に追いついた、オーバーシーズクロノグラフ49150/B01A-9095

第2世代のオーバーシーズクロノグラフは、2017年11月の段階ではデイトナ116520と同水準といった価格帯でした。

その際、「デイトナは大人気モデル」である一方、「雲上のクロノグラフ=オーバーシーズが116520と同水準」というのはお得感があるという感覚で、迷うのが楽しい状態だったといえます。

ちなみに、2017年11月よりも前の段階では、この49150/B01A-9095のほうが116520よりも高かったため、スーパーコピー時計当時としては49150/B01A-9095に対するお得感が強かったわけです。

しかしながら、その後デイトナ116520が上昇していった一方で、この第2世代のオーバーシーズ49150/B01A-9095はあまり変化をせず。その結果、2019年4月に116520と49150/B01A-9095の相場差は30万円程度にまで広がっていました。

ちなみに2019年当時、116520が170万円台、49150/B01A-9095が140万円台という状態でした。

さて、オーバーシーズといえば2021年から値動きが活発化したという経緯があります。

そうなると、この49150/B01A-9095もかなりな上昇となっていても不思議でないといえるわけですが、実際どうなっているかというと、現在水準は、なんと294万円という様子。

これは2021年5月水準に対して76万円の上昇という状態なのですが、その結果ついに116520水準に追いついたのです。

ヴァシュロン・コンスタンタンVacheron Constantinコピー オーバーシーズクロノ 49150/B01A-9095

タイプ 新品メンズ
型番 49150/B01A-9095
機械 自動巻き
材質名 ステンレス
文字盤色 シルバー
文字盤特徴 夜光付
ケースサイズ 42.0mm
機能 クロノグラフ
デイト表示
付属品 内・外箱
ギャランティー

現在、116520のボトム価格は約293万円という状態。それに対して49150/B01A-9095は294万円。2017年11月ぶりに両者は“同水準”となっている状況です。

2018年以降、デイトナ116520の値動きが活発化した一方で、あまり変化がなく置いてけぼり状態だったオーバーシーズの49150/B01A-9095。

それが2021年からオーバーシーズの値動きが活発化した結果、2022年9月の今、49150/B01A-9095は116520に追いついくところにまで上昇したというのが、感慨深いと思います。

コメント一覧

母日には上質なギフトを URL 2022年09月22日(木)17時13分 編集・削除

50代お母さんへギフトにおすすめ上質な商品もたくさん揃っています。

母日には上質なギフトを URL 2022年09月29日(木)07時58分 編集・削除

50代お母さんへギフトにおすすめ上質な商品もたくさん揃っています。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー