記事一覧

オメガの新しい精度調整機構、スピードマスターシステムの仕組みを徹底解説!

オメガ スーパーコピーの新しいスピードマスターシステムについて、編集部の“主任時計師”が解説した。彼が“間違いなく素晴らしい”と太鼓判を押した理由がここにある。

2023新作 オメガ コピー スピードマスター ムーンウォッチ プロフェッショナル マスタークロノメーター 310.30.42.50.01.002

詳細情報
カテゴリ:オメガ スピードマスター(新品)
型番:310.30.42.50.01.002
機械:手巻き
材質名:ステンレス
ブレス・ストラップ:ブレス
タイプ:メンズ
カラー:ブラック
外装特徴:シースルーバック
タキメーターベゼル
ケースサイズ:42.0mm
機能:クロノグラフ、耐磁
付属品:内箱、外箱、ギャランティー

6度に渡る月面着陸プロジェクトの全てに提携された、伝説のクロノグラフ「スピードマスター プロフェッショナル」。
陽極酸化処理が施されたアルミニウム製ベゼルリングには、実際に月面で着用された4thモデルのリングデザインに倣い、「ドットオーバー90」のデザインが採用されています。
こちらの【310.30.42.50.01.002】は、表側にサファイアクリスタル、裏蓋にもサファイアクリスタルガラスのシースルーバックを採用。
ムーブメントには、METAS認定のマスタークロノメーターのキャリバー3861を搭載。

数週間前、オメガは新しいスピードマスター スーパーレーシングを発表したが、よりエキサイティングなニュースは、ムーブメントの技術革新である新しいスピードマスターシステムだった。最終的には、オメガはスピードマスターシステムを量産化し、他モデルにも横展開する計画だ。

一介の時計ライターで時計師ではない私は、Fucopyのテクニカルマネージャー、職場では“主任時計師”と呼ぶトラヴィス・ハインズに電話をかけ、新しいスピレート™システムを理解する手助けをしてもらうことにした。この新技術がなぜこれほどまでにエキサイティングなのかを理解するために、まず時計の精度を調整するとはどういうことか、そして従来の調整方法を理解した上で、スピードマスターシステムがどのようにそれを改善したかに迫った。

まず、時計を調整するとは何を意味するのだろうか?

「時計の精度調整とは、簡単に言えばテンプの往復運動の振動数を変えることです」とハインズは説明する。これにはヒゲゼンマイの“有効長”を変えるのが一般的で、ヒゲゼンマイに取り付けられたテンプがヒゲゼンマイの弾性力で反対方向に引っ張られる前にどれだけ回転できるかを変えるのである。「ヒゲゼンマイの長さを調節することで、時計の振動を早くしたり、遅くしたりすることができます」。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー