記事一覧

LenのカスタマイズされたロレックスDaytona腕時計レビュー

GeneveデLes職人は、既存のおよびビンテージ時計を「再作成」する任務で、2016年初期につくられた会社です。当初Bamfordのようなカスタムメイドから自分自身を区別すると、彼らはそれが再想像された方法で過激すぎるから迷ったロレックスデイトナ6263時計に自分たちの賛辞のような作品を作成することを選んだ。年後に、この腕時計、来られた職人職人デGeneveとKravitzデザインLK 01ロレックスDaytona。レニーKravtizのデザイン会社、Kravitzデザイン、レナティマンズデジェニヴとの提携は、黒ミリタリーカフストラップの上に野蛮な大胆な黒DLCとゴールドデイトナを作成するにすべて行った。この概念の単なる始まりは、愛や憎しみの意見を生成するように設計されていますが、この時計で時間を過ごした後、1つの否定できない事実があります-製品は細心の注意を払って行われ、客観的にその実行で印象的です。
LK 01は、ロレックスDaytona Ref . 116523に基づきます。これは2000年に導入された2つのトーンスチールと金のモデルです、しかし、あなたが前後を考慮するとき、2つは一般的にほとんどありません。Geneveのレス職人は腕で腕時計と運動を分解して、それからピースを変更する彼らの広範囲なプロセスを開始します。ケースは黒いDLCで扱われます、そして、ベゼルは1970年代までさかのぼる機械を使ってされるベークライトであるもので置き換えられます。
私は本当にそれが小説と実際に実用的な材料としてベゼルのベークライトの使用に感謝しています。よく知られていないために、ベークライトは、一度硬化して耐久性があるフェノールとホルムアルデヒドで作られた温度耐性プラスチックです。これは通常のプラスチックであり、宝石、ビリヤードボール、チェスセット(他の多くのアイテムの中)のようなヴィンテージベークライトのアイテムは非常に貴重で、珍重されています。そして、もちろん、ロレックスGMT Ref . 6542はベークライトベゼルを持って、6桁前後で何かのために売られました。もちろん、この値の理由の一部は、ラジウムで数字を埋めるという決定がBakeliteが破ることができた不運な現実と会ったとき、腕時計が中止されたという事実のためかもしれません。いずれにせよ、セラミックベゼルの世界では、私は本当に楽しんで、LK 01の上でベークライトBezelのはっきりした美的で感じを評価しました。
黒いベゼルは、金の内部と外側のリングで白いタキメーター数字とインデックスを持ちます。これに加えて、クロノグラフ・プッシャーとクラウンも、金のDLCケースで非常にきれいに対照的にされます。それは対照的な色の全く元のペアリングであることから遠いです、しかし、腕時計が扱われるとすぐに、絶妙な品質と終わりは明白です。
金の手とインデックスが黒いダイヤルに対してセットして、テーマはダイヤルで続きます。それはすべて非常に魅力的ですが、行または2つのテキストの少ないことができないことは不可能です。私の意見では、いくつかの編集はここで審美的に払われるでしょう。他方、私は、赤いクロノグラフ・ハンドのタッチが金と黒い美学を壊すのに良い選択であると思います。そのデュアルカラースキームは、あまりにも深刻なので、これは良い決定だった得ることができます。可読性はここで犠牲にされます、それのまわりに方法がありません。それは非常に晴れた日(我々はロサンゼルスでたくさん持っている)とグレアは、ダイヤルを読めないことができる場合は、洗練された金の手を読むことは困難です。それは、磨かれた金の手は確かにこの時計のアイデンティティの一部であり、私は実用性のためのスタイルを犠牲にするこの作品を期待しないだろう。それだけではない。
ロレックスは自分たちの時間がかかり、自分の時計のコレクションへの変更と慎重です。これは、彼らの品質と評判は、妥協や変更によって彼らが快適ではなかったが決して年を通して本質的に防弾されている理由です。しかし、時々、あなたはちょうどロゼを展示ケースで戻したいです。私は昨年エクスプローラーIIを購入し、意思決定に満足していない可能性がありますが、失脚と未装用のスチールケースはほとんど私の心のポンプを取得するためにほとんどない。もちろん、レス職人は、ジュネーヴは、彼らのカスタマイズされた口径4130の動きを誇示するように設計されたここに展示ケースを使用しました。私は、これがこれがデイトナの以前の反復であるので、これが2015年に導入されたロレックスの超過クロノメーター証明を持っている口径4130でないと仮定します(4130はまだ新しいモデルで使われる運動です)。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ